人気ブログランキング |
Top
<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
d0020510_2374446.jpg
1. Pearl Jam / Pearl Jam
これがパールジャム。
これぞパールジャム。
またこんなにロックしてるパールジャムをアルバム全編通して聴けるなんて、ちょっと諦めかけてた。
エディのシャウトやストーンのハードロッキンなリフが本当にうれしかった。
ストレートなロックであればあるほど、感動した。
文句無し。
あとは来日ですよ、このままではまたタイミングを逃しますよ。
エディさーん、ちゃんと約束守ってね〜

d0020510_23205231.jpg
2. Stand Your Ground / Little Barrie
ライヴ行って、ついに発病したね、恋の病が。
しばらくはそっとしておいてちょうだい、アハーン。
溺愛リストにも追加しちゃった。
個人的には1stよりタイトでぐっとセクシーになったこっちの方が好き。
「Pay to join」がいいよね、あの曲だけ雰囲気ちがうもんね。
BRMCでいうなら「Heart+Soul」のあの感じ、ああっ、上手く説明できないけど。

d0020510_23342193.jpg
3. Riot City Blues / Primal Scream
このプライマルは大好き。
レイドバックしてるのかもしれないけど、私には最新型のプライマルにしか聴こえん。
しかもシラフだぜー。音程だっていつもよりちゃんとしてるではありませんか。
マニが物足りないとか、ケヴィンがいないとかは別にいいのだ。
ボビーがやる気満々なんだから。だってインスト曲ないでしょ。
このモードでのライヴもすごくカッコよかった。

d0020510_23453895.jpg4. Ten Silver Drops / Secret Machines
即効性はないけど、あとからじわじわきたねー。
スペーシーでスケールがでっかくて、1曲が長いのに全然しつこくないのは声質のせいかな。
サマソニでの念願のライヴで、ジョシュのバスドラのキックが喉に響いてきたときは鳥肌が立った。

d0020510_23555733.jpg5. Magic Potion / The Black Keys
大好きなブラックキーズの渾身の一発録り。
オーヴァーダブ一切なし!ギター1本とドラムと歌だけ。
しぶい。しぶすぎて店でかけれなかったよ。
リトバリとはまた違う大人の色気を感じます。もうちょっとダンとパットがイケメンだったら少しは日本でも人気が出るのかねー?

d0020510_071121.jpg6. Passover / Black Angels
もろ趣味。いいな、こういう世捨て人みたいなの。お日様の似合わない超ドローンミュージック。LAじゃなくてテキサス(変態の産地)のバンドというのがまたいいです。BJMがこういった舎弟バンドを引き連れて日本に来てくれんかな。

d0020510_0124390.jpg7. Rather Ripped / Sonic Youth
アヴァンギャルドすぎて聴かなくなってしまったソニックユースだったんだけど、後輩に借りた「Sonic Nurse」が良かったので久しぶりに買ってみたらあーた、めちゃめちゃカッコよくてぶったおれた。"pink Steam"のギターのかっこよさといったら。

d0020510_0183235.jpg8. 10,000 Days / Tool
ダニーはもはや超人。どうなってんのあれ。
聴いた回数は実はそんなに多くないけど、すんごい気持ち悪い(褒めてる)アルバム。
気持ち悪くて賢くて重い。あ、気持ち悪さではアニマの方が上だ。

d0020510_0291876.jpg9. First Impressions Of Earth / The Strokes
あまり好きなバンドではなかったけど、これを聴いて素直にいいと思った。アルバム出すごとにロックになっていくね。
ジュリアン憧れのエディとのデュエットも良かったす。

d0020510_0352426.jpg10. Axis Of Evol / Pink Mountaintops
これも趣味の音。要はVelvet Undergroundです。
"Lord, Let Us Shine"というタイトルからしてもろスピみたいな曲もあり。来年はBlack Mountainとしてのアルバムが聴きたいです。

11. Saturday Night Wrist / Deftones
12. As Templar Nites / Souls She Said
13. Ta Dah! / Scissor Sisters
14. Young Machetes / The Blood Brothers
15. You See Colours / The Delays
16. Show Your Bones / Yeah Yeah Yeahs
17. Nice And Nicely Done / Spinto Band
18. Stadium Arcedium / Red Hot Chilli Peppers
19. The Greatest / Cat Power
20. She Wants Revenge / She Wants Revenge

ライヴが1位だったのにベンちゃんのアルバムが入ってない?2枚に別れてるのって好きじゃないの。レッチリも1枚分にしぼってくれてたらなー。
今年はいいアルバムがたくさんあって困った。特に上位3枚はだんとつでっせ。
by amomentlostingain | 2006-12-29 00:54 | music
2006 Best Live

1. Ben Harper / 6.7 Namba Hatch
もう、見終わった瞬間から今年のベスイトライヴだ!と確信。
ベンの歌もギターもパフォーマンスも、バンドのアンサンブルも、選曲も、お客さんの熱狂ぶりも、ライヴの雰囲気そのものもすべてにおいて素晴らしかった。
幸せな2時間。満たされた。

2. Little Barrie / 12.15 Nagoya Club Quattro
恋した。
ベース、ギター、ドラムという最もシンプルな形態で、しかもペナペナのドラムキットにバーリーのペダルはたった1個という、無駄を省いた丸裸のブルーズにフォーリンラヴ。
ライヴでは熱いロック魂を見せてくれました。バーリーの華奢さに萌えた。

3. Primal Scream / 9.12 Zepp Osaka
こんなプライマルはじめてっ。
ケヴィン&ロバート不在、代わってギタリストにバーリーが抜擢される。
轟音、フィードバック無しのPrimalはファンキーですらありました。
踊らされっぱなしでまじ死にかけた、最高。

4. Funeral For A Friend / 4.11 Big Cat
5. The Maarz Volta / 11.19 Zepp Osaka
6. Fiona Apple / 10.12 Shinsaaibashi Club Quattro
7. The white Stripes / 3.9 Zepp Osaka
8. Cake / 3.14 Shinsaaibashi Club Quattro
9. Mogwai & Ratatat /11.8 Namba Hatch
10. We Are The Scientists & The Editors / 5.10 Shinsaaibashi Club Quattro

ということです。
ベンはもうダントツです。ほとんど神様でした。
Paddingtonsも良かったな。人少なかったけど。

Best Moment In Summer Festival

1. The Strokes
"HArd To Explain"時にジュリアンが客席に降りる。
2. Secret Machines
"First Wave Intact"での「The rest is theft」のタメ。
3. Tool
登場して1曲目が全く予想してなかった"Stinkfist"
あの不気味なギターを聴いた瞬間。
4. Yeah Yeah Yeahs
"Fancy"でのカレンの咆哮、しかもあの衣装。
5. Spinto Band
統制の取れた横振りヘッドバンギングを決めるフロント陣。
by amomentlostingain | 2006-12-26 00:41 | music
メリークリスマス。
仕事から帰ってソバメシを焼いて食べた、そんなイヴでした。
ああー私も赤犬のライヴ行きたかったぜ。
でも明日はBRMCからプレゼントで曲が貰えるから。ウフ。
楽しみ楽しみ。
by amomentlostingain | 2006-12-25 00:24 | diary
ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ、ラヴ。
もうあかん。
d0020510_2343499.jpg

by amomentlostingain | 2006-12-22 23:07 | little barrie
masumiさんとこからひろてきた。
バトン名はわかんない。
おもしろそうなのでやりまーす。

1.初めて好きになったアーティストは?
そりゃあんた、初めて真剣に愛したのはPearl Jamに決まってるでしょ。
それ以前のことはここでは言えぬ。

2.好きなボーカリストは?
ボーカリスト、というかギター弾きながらの人でもいいよね。
BRMCのピート、声からフェロモン。
ライアン・アダムス、表現力がすごい。
Icarus Lineのジョー。
ボビー・ギレスピー。
Ambulanceのマーカス。
Funeralのマット。
Marz Voltaのセドリック。
Toolのメイナード。
エディ・ヴェダー、世界最高峰のヴォーカリスト。
他にもいるはずだけど誰か忘れてるような気がする…

3.今持ってるCDの数は?
棚に入ってるのが1000枚、押し入れに500枚。
お金に困ったり置き場所がなくなると売ったりあげたり。
これも財産なので、今後は手放すのはやめて貯蔵の方向でいきます。

4.今一番好きなアーティストは?
今現在ですか〜〜?もじもじ…。リ、リトル・バ〜リ〜。
多分一時的ないつもの病気だと思われる。
一生着いて行くのはBRMC、ライアンアダムス、Pearl Jam。

5.一番最近買ったアーティストは?
Brett Dennen
Incubus
Rockethouse
The Early Years

6.普段言わないけど、実は好きなアーティストは?
Alice In Chains
めちゃめちゃ好きやった。

7.解散して残念なアーティストは?
The Verve
Ride
Rage Against The Machine
3バンドとも再結成はありえない。
あとはDFA1979、Stratford 4とか。まだまだいそうな気が。今思いつかないなー。
リバはいつか再結成すると信じている (正式に解散声明って出したっけ?)。

8.最近よく聴いている曲は?
すみません、Little Barrie。

9.意外と駄作は?
ジョンが復活してすっかり無かったことのようにされている「One Hot Minute」ですが、私はあれが好きなのだ。

10.とても残念に思う亡くなったアーティストは?
才能豊かなシャノン・フーン。
シャノンが死んだ時はカートが死んだときよりショックだった。
ジム・モリソン。本物のDoorsが観てみたい。

11.好きな名前のアルバムは?
タイトルね。
「Take Them On, On Your Own」

12.今一番気になるアーティストは?
シザシス。早く観たーい。

13.好きな音楽を聴いていると、あなたはどんな気持ちになりますか?
音楽の種類にもよる。
たとえばライアンのLove Is Hellは泣きながら。
プライマルなら限りなくアガって行く。

14.今までで一番聴いたアルバムは?
「B.R.M.C.」。間違いない。
パールジャムはまんべんなく聴いてる。でもやっぱり「Vs」かな。
今年でいうならSecret Machinesを死ぬほど聴いた。

15.音楽を聴きたくない時ってありますか?それはどんな時ですか?
なし。常に音がないとイヤ。

16.これからリリースされるなど、音楽についての情報源は何ですか?
雑誌、ウェブ、店頭。

17.ジャケが好きなアルバムは?
d0020510_0504135.jpg「B.R.M.C.」
Massive Attack「メザニーン」
Hot Hot Heat「Elevator」
Icarus Line「Penance Soiree」
Black Keys「Rubber Factory」
Modest Mouse「Good News For People Who Love Bad News」
まだまだある。

18.あなたが音楽を好きになったきっかけは何ですか?
生まれたとき。

19.音楽によって助けられたことってありますか?
ありすぎる。
 
20.音楽は自分にとってどのような存在ですか?
なければ確実に死ぬ。

21.NO.1のLIVEは?
8年ぶりに観た03年Pearl Jamの武道館公演。ライヴにおいて過去最高の量の涙を出した。

22.自分が生まれ変わってPLAYしたいバンドは?
Duke Spiritのlielaちゃんになりたい。
d0020510_0484983.jpg












以上です。すげー時間かかった…。
気が向いたら誰かバトン拾って下さいなー。
by amomentlostingain | 2006-12-19 01:01 | diary
12.14,15 Little Barrie
エミちゃん只今故障中。
よかった、よかった、よかった。あーよかった。
すてきんぐ。

えーっと、大阪と名古屋に行ったんだけど名古屋を中心に振り返ってみます。
名古屋の方が良かったからね。

1.Bailing Out
2.Green Eyed Fool
3.Greener Pastures
4.Pin That Badge
5.Why Don't You Do It
6.Pretty Pictures
7.Just Wanna Play
8.Thinking On The Mind
9.I Wonder Whether
10.Cash In
11.Burned Out
12.Long Hair
13.Pay To Join
en
14.Free Salute
15.Love You

セットリストは某所より拝借いたしました、基本的に両日ともいっしょ。

ライヴの前にとあるお店でお茶してたら、Lトモちゃんが、「あれ、メンバーじゃないですか!?」つうので振り返ると、ガラス越しに黒ーい出で立ちの団体(5、6人)が通り過ぎて行った。
「うぎゃ!」ガラスにへばりついて黒い団体を目で追い、それがまちがいなくリトバリ御一行だと確認。
ルイスでか!ビリー長!バーリーちっさ!!
ヨダレをたらしながら後ろ姿をしばし眺める。おっかけて呼び止めたりはしてません。
だって恥ずかしいもーん。ボキャブラないもーん。
そういうところはアカンタレなのです。

大阪はクアトロに入ったらすでに人がいっぱいであまり前に行けなかったのね、左にいたのでほとんどルイスしか見えなかった。
名古屋では右側の2列目で観ることができた。クアトロに行った時間は大阪と変わらなかったのになぜ2列目に行けたのだ?おそるべし名古屋。結果的には最後は大盛り上がりでしたけどね。
約10分押し程度で客電が落ちる。
ルイスは大阪んときと同じ黒ジャケに黒スカーフ、ビリーは上下白、バーリーはかっちりしたクレリックシャツ(襟&袖とボディーの色が違うあれ)姿。
まずアルバム一曲目のBailing Out。大阪ではバーリーがあまり見えなくて、人の隙間からブンブンとギターのネックをブン回してる様子が伺えてすげえ動いてるのが分かった。
だからバーリー前でちゃんと観たかったの。
目の前のバーリーは驚くほど華奢なんでびっくりした、体感身長155cm。(実際はとりあえず160はあるでしょうがでも小さくて細い)
プライマルのときはちゃんと観てなかったんだなー、遠かったしボビー観てたし。
ルイスにちょこちょこっと寄って行くとその身長差はお父さんと子供、てのはちょっと言いすぎですけどそのぐらい小せえのです。
婦女子からやたら「バーリー、アイラブユ〜」コールが多かったのも、小池撤平が人気の図式と同じだとLトモちゃんが言っていた。かわいいもんな。ちなみに私はビリー派、同行者のお二人はルイス派だそうです。
それはさておきGreener Pasturesはドラムがすっかりビリーのものになっていて、当たり前やけどCDで聴くのとはまったく違う曲のようだった。ビリーの方がロックドラマーなんだろうね。
ビリーは元々二人の友達だったらしいけど、すっかバンドに馴染んでいて、バンド自体がすごくいい雰囲気だった。ルイスはクール、ビリーはムードメイカーでバーリーはかわいい。
Pretty Picturesあたりからバーリーの動きも大きくなりブンブンネックをゆすったりルイスに歩み寄ったり。見た目に寄らず煽ったりもするのね。
歌もすてきやけど、上手いですわギター。リフをジャンジャンタイプでなく、こういう単音とかでフレーズを弾いたりフィーリングで弾いてるようなやつって歌いながら弾くのって難しそうやん?
私はギターが弾けませんので素人目線かもしれないけど、かっちょいいなーって。
Just Wanna Playは私の好きな曲。セクシーじゃない?合唱した。
Long Hairも合唱。こんな風にお客さんとちゃんとやりとりするとは思わんかった。意外と熱い。
本編最後はPay To Join。この曲ってちょっとリトバリの中では異色な感じがする、蒼いでしょ。 この曲だけ雰囲気が違うから際立ってかっこいい。
ライヴでも格別やった。永遠に終わらないで〜って感じさ。
ていっても終わるもんは終わるので、これで本編終了。
アンコールはほとんど待たせず早めに登場。もうちょっとじらしてくれてもいいのに。(M)
Free Saluteの横のグルーヴもまた格別。
最後の決めのジャーーーーンの音が出なかったバーリー、「ギターこわれた」って焦るもルイスが「抜けてるだけだよ」って言ってエフェクターにシールドを差し直してあげてた。
ラストはLove You。これがすごい盛り上がりで合唱はもちろん最後にはダイバーまで出現し大盛況のうち終了したのでした。

演奏はもちろんのことメンバーの人柄も雰囲気もすごく良く、トータルで見てかなりいいライヴだったなあ。
あとメンバーチェンジが吉と出た好例だと私は思ってますが。ちょっとビリー馴染みすぎよー。
by amomentlostingain | 2006-12-18 02:39 | live
リトバリ良かったっす。
私はウェインがいるときのライブを見てないからアルバムだけの印象でいくと、いい意味でルージーだったものがビリーが入ったことでキュッとタイトになってかなりかっこよかった、というのとバーリーの髪が伸びてセクシーになってたっちゅーことです。
明日は名古屋ですわ~。
たのしみーー。
by amomentlostingain | 2006-12-15 01:30 | little barrie
12.13 Arab Strap / Sunsui
アラブ行って来ました。
フェアウェルツアーということもあり、けっこうな人の入りでした。
ここでやると普通にメンバーがバーで酒を買ってたり、トイレに並んでるのでありがたみもクソもない。
サウンドチェックももちろん本人。
クマっぽいというか、クマそのもののエイダンはのっそのっそと狭いステージを徘徊し、目を閉じて歌い始めた。
古い曲もたくさんやってたと思う(私はよく知りませんが)、最近のアラブしか知らない私は予想外にバーストするギター&ベースにうはうはでした。
マルコムじゃない方のギター(勉強不足ですんません)がキーボードについてから、繊細な曲が何曲か続く。あのクマさんのルックスからどうしてこんなにか弱い音楽が生まれるのか不思議。
解散ツアーだけどまったくしめっぽい雰囲気はなくてエイダンもときどき笑みをこぼしてた。
にしてもよく飲む。後半はただの酔っぱらいのオッさんでした。
お客さんに「飲み過ぎ!」とつっこまれても「だってこれが必要なんだ、旨い」と言って飲み続けてました。
最後にリズムが打ち込みでアラブにしてはノリのいい曲をやって本編終了。
今のうちにトイレへ、と急いのに、私が用を足してる間にアンコールが終わっちゃった。
一番大事なとこを見逃しちゃった、あああ。
ちょっと淡々としてたようにも思うけど、きっと不器用さんなんだ。
アラブの持つ、ちょっと情けないけどでも優しいところはちゃんと伝わってきました。
by amomentlostingain | 2006-12-14 15:31 | live
この年になって初めてお歳暮なる物を送りました。
本当に世話になった上司で、今の私があるのもあの方のおかげだ!っつっても過言ではないほどの。彼のおかげで来年から給料も上がるし。
体裁ではなく、本当に感謝してるのでお歳暮を送りたいという気持ちになったのですよ。
ふーん、自分でも意外。
ああいう慣習とかって「形だけ」におちいりそうじゃない。だから子供の頃はああいうのが大嫌いだったから。
贈り物もなかなかいいもんだ。
by amomentlostingain | 2006-12-14 14:38 | diary
d0020510_034558.jpg
Black Presents / Icarus Line
ペナンス・ソワレは溺愛盤です。
私としたことがライフログに入れてなかったので今追加しました。
そしてEPです。
Black Presentsは神経逆撫でのパンクな感じが戻ってるかと思えば
Out Back The Heardはtポップでもあり
Fshn Fvrでアコギとフワフワしたギターに驚き(どっちかといえばSouls She Said的?)
Watch Your Stepはタイトルどおり踊れるイカルスで、でもこの曲が一番イカルスっぽいのでした。
アルヴィンは一人でいろんな音を出してがんばっている。すてき。
でもやっぱり、ライブであの暴れん坊がいないと思うとさみしいなー。
このジャケット、よく見たらかわいい。
d0020510_0564378.jpgSongbird / Willie Nelson
カントリーの御大、ライアンがプロデュース。バックバンドもライアン率いるカーディナルズ。
「Hallelujah」のカヴァーが大人(ていうかじいさん)の憂いもプラスされてめちゃめちゃ泣けます。
d0020510_142329.jpgDrain'd Boner / Brain Donor
ジュリアンコープです。
前作がスピリチュアライズドのメンバーと作った極悪サイケということを知り、セカンド買ってみた。
5曲で40分。歌ってもいるけどほとんどインストのようなもんで弾きまくり。
これをかけるとエデ(いぬ)が嫌がる。
d0020510_1104243.jpgIn the City Of Sleep / The Fever
サーカスとか、キャバレーとかそういういかがわしい物を連想させる音。ヴォーカルの声があくが強いのが気になるねー。
音はかっこいいんだけど。
d0020510_115357.jpgRaise The Alarm / Sunshine Underground
店用に買ってみた。
一曲目のベースがいいですねえ。
by amomentlostingain | 2006-12-10 01:18 | disc



エミです      
by amomentlostingain
ブログパーツ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧