人気ブログランキング |
Top
カテゴリ:FRF 10 report( 6 )
8.1 sunday 後半

LCD Soundsystem / White Stage

d0020510_2331496.jpg

もうLCDとしては観れなくなる、ということで迷わずこっちへ。(裏はHotchip)
一度クアトロで観たことがあるんだけど、その時はひたすらロック!だったし、死ぬほど踊って本当に死にそうになった。
もちろんこの日のライヴもむちゃくちゃロックですごいかっこいい!
最後のTribulations→Movement→Yeahの流れは最高すぎて楽しすぎた。
そして私の前でシアターブルックの佐藤タイジさんも、拳を挙げて喜んでおられた。
やっぱり最後までいて良かった。

Atomos For Peace / Green Stage

d0020510_23203687.jpg

というわけで、最後までLCD観てたので、戻って来たらもう佳境。
トムヨークのファッションはよく分からなかったけど、
なんかずごいぞ。
これはきっと、レディオヘッドよりすごいのではないのかしら。
灰汁とクセが強そうなミュージシャンばっかり集まって、なんでバラバラにならないの。
途中からの数曲だけだったけど、まったり観ているようで実は圧倒されてました。
連れのロミヒは寝てたけど!

Massive Attack / Green Stage

d0020510_23344910.jpg

バンドというより活動団体みたいな。
歌詞はあんまり知らないんだけど、ライヴで観るとメッセージ性の濃ゆいものになってるじゃないですか。映画でも観てるみたいな。
シンガーも入れ替わりだし、セットも大掛かりで、ライブで初めてマッシヴの世界が完結するんだなあ。
雨も降り出し空気が冷え、不穏なムードがまた似合う。
それにしても近くでフーフー言いながらクネクネ踊り狂ってた女子、マッシヴはそうやって観るものじゃない気がしましたが。どんな観方しようが自由じゃないか、と言われればそれまでですが。
あまりに視界に入って来て気分を盛り下げてくれるので移動してやりました。アイツのまわり、ちょっと隙間できてたし。

Scissor Sisters / Green Stage

d0020510_23494161.jpg

ビール注入でやる気満々。
昨年のBasement Jaxxといい、最後まであなどれないね!
時刻は23:40。クロージングバンドのシザーシスターズが登場。
きゃー、アナ、痩せてる!
ジェイク、何その衣装!フレディーばりに前身頃ないやん!しかも後ろ姿…網々。
というこれ以上ないっちゅうぐらいバリバリのゲイファッションがまぶしすぎる。
しかも一番疲れがピークのときにこれは、、、、ヤバい!
シザシスは初めてフジで観てからそのプロ根性に打ちのめされて好きになってしまったんだけど、
しっかりエンターテイメントとしてやっちゃってるのがかっこいい。
中途半端はアカンのや。
とにかく動く、表情筋も1mmすら緩めない。
セットリストもベストオブ・シザシスで
Take Your Mama、Laura、She's My Man、 I Don't Feel Like Dancin' などに新譜の曲を挟み込み
バラードなしで一気にクラブっぽいナンバー Invisible Lightへ。
この曲好きなんだよなあ。最後のFilthy/Gorgeous で、ジェイクも感極まって脱げるとこまで脱いでパンイチ姿に!最高だ。

終わっちゃいました。さみしい。
帰りにパレスオブワンダーから多分Ozomatliがやっていたのであろう、楽しげな音が漏れていた。
でももうズタボロなので帰りますよ。
今年も楽しかったです。メモリアルな瞬間も経験できたしなあ。
筋肉痛になってないのは、みんなのマッサージのおかげとスケジュールの組み立てが良かったため。
来年は、パールジャムかな〜?と言い続けて14年。
本当にそろそろお願いします。
d0020510_013981.jpg


おまけ

月曜日に勢い余って渋谷のタワレコにあの作品を観に行ったので写真貼っておきます。
友情を選択したがゆえ生で観れなかったからなっ。
d0020510_0143729.jpg

by amomentlostingain | 2010-08-16 00:19 | FRF 10 report
さあ、最終日です。
朝起きるのが最高に辛いです。大体寝るのは朝4時とかだからね。
案の定この日はやや遅れての出発となり着いたのは11:30頃。
Matt & Kimは諦めました、残念。

8.1 sunday 前半

Yeasayer / Red Marquee

d0020510_21561525.jpg

こんな真っ昼間からyeasayerとは。レッドマーキーは大盛況。
登場したメンバーは揃ってタンクトップなのが笑えます。(クリス以外)
もっと実験的なのかと思ってたけど、新譜がそうであるようにすごくダンサブル!
しかもクリス歌上手い。
前から5列目あたりに黒髪クルクルヘア+メガネの外国人がいて、
まさかべんちゃん?友達のライヴ観に来たんか?
と非常にあせりましたが、入れ墨も見当たらなかったので他人だと判明…。
あ、ちなみに09年に出たAmazing Baby、今年だったらブルックリン勢がいっぱい出てておさまりが良かったのにいいー、と思ってしまった。

Alberta Cross / Red Marquee

d0020510_22165372.jpg

ブラックレベルの東海岸ツアーで前座をやってたアルバータクロス、
やっぱり知名度的には今ひとつ、なようで、yeasayerの大盛況ぶりと比べるとちょっとさみしい感じ。音を鳴らし始めたら人は集まって来たけど。
音はフジの開放感に似合わない(失礼)ダークなもので、良い意味で浮いていたかと。
ロックが本来持っているかっこよさっていうか、ペタさんのルックスも含め、
そういういのが良いですよね。ちゃんと説明できてないけど。
でもだ、Old Ma Chicagoをなぜにセットリストから外したのかわからーん!
ある意味攻めだぞあの曲は。あれでもっとみんなのハートを奪えるのになあ。
会ったら訊いてやろうと思ってたけど、誰にも会わんかった。
テリーにお酒ぐらいおごってやろうと思ってたのにー。(←上から)

Vampire Weekend / Green Stage

d0020510_2231279.jpg

わーーん!思った以上にトイレが混雑してたよー!
トイレに並んでる途中でVWが登場した模様…。
1曲目はHolidayってどうよ!ほんでもってWhite Sky。わー!
どっちも好きな曲なのにこんな所で聴くことになるとは。
急いで用を足しグリーンへダッシュ。
いい。いいやん。すてきやん。
フジってどこにいつ出るかがものすごく重要だと思うんだけど、VW、グリーン制覇。
なんかエズラもかわいく見えて来たぞ。
しかもみんなオサレだ。フレッピーだ。
暑いのにさわやかなパンクを、涼しげな顔で。
単独UNITで観たときは全然ピンとこなかったんだけど、やっぱいいい。これはいい。

Foals / White Stage

d0020510_22473589.jpg

ホワイト、どえらい人!Foalsってこんなに人気あるんですか!
でもライヴ観て、すごさがわかった。
すんごい骨太だし、パフォーマンスもハード。ええ、アンプに登ったりするんですか!みたいな。
これは全然予想外だしあまりマークしてなかった。
みんなを踊らせるというよりガンガン攻めて来る感じ。やるなあ。

d0020510_22523163.jpg

d0020510_22482182.jpg

↑焼かれる大量の鮎。
by amomentlostingain | 2010-08-15 22:56 | FRF 10 report
7.301 saturday 後半

22-20'sは諸々の事情?により諦め、さっさとホワイトステージへ。
すでに道中はクロマニヨンズ@ホワイトへ向かう人でいっぱい!
リストバンドのチェックゲートあたりまで来ると拡声器を持ったスタッフが
「入場規制がかかるかもしれません!」とアナウンスしていた。
やっぱり早めに出て大大大正解でした、ホッ。
橋のあたりに到達すると、人であふれ返っている。
こういう場合は前が空いているとお決まりなので、アイちゃん先頭でぐいぐいぐいぐい前方へ。
PAを過ぎたあたりでとりあえずはストップし、クロマニヨンズの残り3曲ほどを観戦。
d0020510_21501748.jpg

↑「マジで。」笑

One Day As A Lion / White Stage

クロマニヨンズ終演後、一気に突入成功し、6列目ぐらいに到達!
本格的に雨も降って来た。
まわりを見ると、いかにもレイジ好きそうな猛者どもに混じって、MGMT狙いの女の子達がチラホラ。
あの子達、大丈夫から…と彼女達の身の危険を案じてしまった。
降りしきる雨の中、フェス関係者がステージに出て来て
「只今入場規制がかかりました!」との報。
「うおおおおお!」by猛者ども
一気にテンション上がる!
そのあと韓国のギターメーカーのギター職人がステージに登場し、ファックな大企業とファックなシステムにていてスピーチ。
そう、もうODAALのライヴは始まっている!
客席が暗転し、後ろから押し寄せる人でかなり圧迫(男子率95%)。
不安的中あの女子達は飛び散りました。南無阿弥陀仏。
わしはそんなやわな女子とは違うのだ、Rage、Korn、System Of A Downが大好きだったあの頃の記憶が蘇り、血湧き肉踊るぜうぉおりゃーーー!!と拳をつきあげさらに前進。
目の前にセオドア、そしてザック。
トムのギターがない分、逆に生々しいザックのラップが会場をあおる。
かかか、かっこええーー。
周囲のモッシュも相まって、聴く、観るというより身体で感じる音楽。
ダイブするヤツも続出で、あれはバンドや曲のパワーがそうさせているし、一種の愛情表現なので私は全然推奨します!(昔飛んでた人)
曲間に大きく映し出されたザックはなんと、笑顔だった!
それだけでも感無量な感じがするよ。
もうあっと言う間の40分!あまりに早すぎた!

ここで肉食から草食へ入れ替え。波に乗って2列目。やった。
意外と男子の方が多くてびっくり。いいことだ。
雨も弱まって来た、よし来い!

MGMT / White Stage
d0020510_22185870.jpg

d0020510_2218556.jpg

フジロック、中日のホワイトステージのヘッドライナーという重要なポジションに抜擢されたMGMT。
前回の単独では、演奏面含め、バンドの一体感不足が気になっていたので期待と不安を胸に祈るような気持ちで待つ。
ステージセットは4本の電飾柱があるぐらいでけっこうシンプル。
アンプの上にワニのぬいぐるみが置いてる…。
会場が暗くなり、待ちに待ったMGMT登場!うひょー。
隣の20台前半のバンド少年(風)が「アンドリュー、かっこいい…。」と思わず漏らしていた。
君は良い大人になるぞ!
秘かに何を着て来るのか楽しみにしていたけど、ベンちゃんは思った通りジャケット姿、しかも黄色、さすがです。アンドリューも「ベンちゃんはおしゃれ」って言ってたな。見えないけど靴下もぬかりないんだよ。
そしてアンドリューは期待はずれのTシャツ姿。まあ、、良かろう。ジェイムスは白いスモック?みたいなの着てた。
肝心の1曲目はなんとっ、Pieces Of What!
これにはびっくりした。
アンドリューの静かな弾き語りから入り、ベンちゃんのコーラスとキーボードが加わる。
ライティングはスポットを一切当てないもので、ブルーとグリーンの薄明かりに浮かぶシルエット。またそれが幻想的な雰囲気を盛り上げる。うっとり。
バンド全員が加わり、美しいハーモニーとなってみんなを包む。
ぬうおうう。書きながら思い出して来たわ!
ちょっとセットリスト借りてくる。サンキューひろぽん氏。

1.Pieces of What
2.Brian Eno
3.Electric Feel
4.Flash Delirium
5.Of Moons, Birds & Monsters
6.It's Working
7.The Youth
8.DESTROKK
9.Song For Dan Treacy
10.Weekend Wars
11.Time to Pretend
12.Siberian Breaks
13.KIDS
14.Congratulations

[encore]
15.The Handshake

夢のようなPieces Of WhatからBrian Enoへ。裏ではロキシーやってます(イーノいないけど)。
これは盛り上がりましたな、レインジャケット着込んでるしもう汗だくっす。
Electric Feelはファルセットじゃなくて地の声で歌うアンドリュー。
喉があまり強くない子なのでお姉さんは心配よ。
バックの方はかなりアレンジされてて、なんかムーディーというか、オリジナルのファンクっぽさがあまりなく、かなり進化を感じさせてくれた。
Flash Deliriumは新譜のアッパーな曲の中で最も好きな1曲。
これライヴで合わせるのかなり難しいと思うんだけど、凄い音の塊になってた。最近は5人で営業もしてるし、団結力の賜物だ。
セットリスト復習するとOf Moonsとあるけど、この辺記憶がないんだわ。興奮し過ぎか?
それはさておきThe Youth!これが一番良かった。
こんなに切ない曲だったかなあ、と涙しちゃうぐらい丁寧に演奏されてて、優しくて切なかった。
歌詞もいいしな!
Destrokkは最近定番でやってる二人だけでやってたインディー時代のやつで、これがバンドでやるとこんなにブリブリグルーヴィーでカッコいいのか!てぐらいアップデートされていてもう最高。
ぜひ他の曲も復活させて欲しい。Boogie Downとかね。
そしてTime to Pretend !イントロのキーボードのリフをみんなで合唱。
やばい、ベンちゃんのキーボードの低音拾い過ぎ。デーーーーデデーーー。
この曲もしかり今回思ったのは1stの曲がすべて進化していてオリジナルとはまったく違う印象になっていること。
もともとあるその曲の性格をさらに引き出しているというか。
The Youthはさらに切なく、Time To Pretendはさらに奥行きと広がりを持たせて夜のホワイトで聴くにはっずっぱまり。
進化しない曲もあります。
それはKids!!だってカラオケだもん!
二人が語ってる様に、なぜにカラオケかというとこの曲だけはバンドで演奏すると、もともとある曲のバイブが失われてしまうから、つまり原点を失いたくないのだ!美しい!
なんだかんだ言ってもやっぱり良い曲だと思うよベンドリュー。
入場規制のしかれたホワイトが揺れる揺れる。ジェイムスは花火に火をつけグルグル回ってる。
ブレイクのとき、これぞMGMT「仲良し肩組みポーズ」を間近で拝むこともできうれしかったです。
本編最後はKidsの興奮を静めるような優しいメロディのCongratulations 。とろける。
大喝采の中アンコールで再登場。
曲はまた意外なHandshake。
1stで一番好きです(マニアック)。これだけダークでしょ。ライヴでやるとかなりプログレ。
これも2010年版にアップデートされてて最後のインプロ部分も初期のハードな感じとはまた違い、大人になったなあ…とわかりやすい解釈。
MCもほとんどなく、冒頭に書いたようにピンスポも当たらない。
ロックバンドとしてすくすく育っているのね。
そうそう、まだ育ってる途中で伸びしろはまだまだある!
もっと練習しなはれー。そしたらもっと良くなる!

あとで知ったんだけど、アンコールに何やるか、HandshakeかI Found A Whistleかで迷ってたそうな。I Found A Whistleめちゃめちゃ好きなんやけど…。聴きたかったよ。でもHandshakeも好き。
どうせなら両方やりゃーいいじゃん。いじわる。

二日目はODAAL〜MGMTにすべてを捧げました。
ベンちゃん&アンドリューの残像を胸に夢見心地でさっさと帰宿。

d0020510_03430.jpg

↑もはや伝言板ではなく落書きボード
d0020510_031319.jpg

↑サメを保護する活動団体のお兄さん。タトーすてき。
by amomentlostingain | 2010-08-15 00:02 | FRF 10 report
7/30 saturday 前半

しかし今年は全国的に暑いだけあり、いつもは雨が降れば長袖+レインジャケットでも寒い苗場が、雨が降っても寒くならない事態。ずっと汗かいてた気がする。
中日となる土曜日、私のスケジュールも比較的ゆっくりで、後半に向け体力とやる気を温存する作戦。待ってろべんどりゅー!

John Butler Trio / Green Stage
d0020510_19474754.jpg

フジに何度か出演しているジョンバトラー、私は今まで観る機会がなかった。
オフィシャルのDVDを観て「かっこいい!」と感動し、今度は観るぞーと楽しみにしていたアクト。
勝手な想像ながら、フジがきっかけで人気の出た人では。(ちがったらごめんなさい)
バンドから放たれるピースフルなバイブはフジにぴったりだし、曲はポップで思い切り楽しいし。
アコギ1本でのすごくドラマチックなインスト曲、ギター1本であそこまで感情表現できるなんて、感動のあまり泣いてしまいました。

ここで大失敗。オアシスでゆっくりご飯喰ってたんだけど、同刻ホワイトではMarz Voltaのベーシストのバンド、VATO NEGROのライヴ。
オマーが参加してたらしい。わーっ。下調べ不足!だいたいVATO NEGROてなんやねん、と思ってたらそういうことやったんか。

Third Eye Blind / White Stage
d0020510_19592797.jpg

アラサー、アラフォー大熱狂、サードアイブラインドです。
新譜と半々ぐらいに演奏された1stの曲は、どれもこれもしっかりと記憶していた。
それだけ聴き込んでいたし、それだけ風化しない良い曲なんだなあと、改めて思った。
Semi Charmed Life、合唱しました。

このあと22-20'sを観るつもりで山下り。

Jamie Cullum / Green Stage

基地からゆっくり眺める。
このあとの展開を考え横になり目を閉じながら。
High and Dryのカバー絶品。
おやすみ。

起きる。
このあとの展開を今一度考える。
クロマニヨンズ、入場規制かかるかも。
ならば早めに出発だ。
気が気でならない。
22はパス。(ひどい)
d0020510_21381083.jpg

d0020510_21375442.jpg

by amomentlostingain | 2010-08-14 21:40 | FRF 10 report
7/30 Friday 後半

Dirty Projectors / Orange Court
d0020510_1640215.jpg

後に土曜日の昼枠のRedにも出演が決まったDirty Projectorsだけど、
そもそも当初はこのOrangeだけの出演だったことからもわかるように、OrangeでDirty Projectorsを観ることにきっと大きな価値があるのだ。
てことで同刻RedでのXXをあきらめOrange Courtへ。
構成も複雑だし、そんなに踊れるようなものでもない。
でも始まってみたらどんどん高みに連れて行ってくれる。←なんと説明していいのかなあ。
山に囲まれたパノラマでも相まって不思議な感覚。
初日のベストアクトです。

Them Crooked Vultures / Green Stage
d0020510_16571443.jpg

思えば本日初のGreen Stage。
DPを最後まで観たので途中から参加だった。
ステージからほとばしる男汁!まさに肉食。ちなみにジョシュもフェロモン系ですわね。
ロックって、セクシーでいていかにも悪そうなのがかっこいい、と最近のバンドは良い子ちゃんが多いのを思い出しながら観てました。(あの子達は別ね)

Broken Social Scene / Red Marquee
d0020510_1741621.jpg

レッドマーキーはBBSを観ようというより突然降り出した雨に緊急避難する人たちでいっぱい。
ぐいぐい中まですすむと、前の方が意外にスペースがあったりするものだ。
BBSは初めて観たのがフジのホワイトで、あのときの愛されっぷりはもう感動以外の何物でもなかった。
今回もそれと同等のライブだった。
ただもうちょっと大きいステージで観たかったなあ。というのが本音。

Muse / Green Stage
d0020510_1791238.jpg

大急ぎでグリーンへ。Museがもう始まっている!
モニターを観ると、マシュー、おかしなメガネをかけていて、ドムは…全身ラメタイツ?
のっけからわけがわかりません。
Museは今回単独も行ってなくて、フジでどうするか最後まで悩み、結局!!!と半分ずつ観ることで解決。
なぜかというとMuseは観なくても最高だということがわかるから。
で、30分ほどみただけだったけど、やっぱりエンタメ性も含め今最高のライヴをやるバンドだな、とわかったところでホワイトへ移動!

!!! / White Stage
d0020510_17163939.jpg

エレグラを観て、いささか不安だった!!!。
アルバムも渋いもんなあ。
フジでのマジックはどう作用するのか、とあわーい期待。
エレグラのときよりは今の布陣での演奏もきっと板についてたんだと思う。
でもニックがちょっとパフォーマンス的にも物足りない感じもあった。
あったけどニックのあのダンスがなければ相当しぶいバンドだなあ、とも思ってね。
ハチャメチャで色物的なところも昔はあったけど、な。
それをフロントが一人になってまじめになっちゃった、なのか。
良いライブを観て来ただけに、どうしてもそれと比較してしまうけど。
良かったよ!(なんだそれ)
by amomentlostingain | 2010-08-13 17:26 | FRF 10 report
d0020510_14224917.jpg

もうあれから2週間が経ってしまったのですね〜。
忘れないうちにレポート書きたいと思います。
97年の天神山から数えて通算14回目、すべて3日間参加のフジ、見事皆勤賞です!我ながらやるなあと思う。
恵まれた職場で本当良かったよ…。
ラインナップも個人的には昨年をしのぐもの。とにかくMGMTを、しかもホワイトのトリ!という重要な位置にブッキングしてくれて心からありがとう!
と行く前から鼻息フンフン荒げて興奮してました。

7/30 Friday 前半

Super Junky Monkey /Red Marquee
d0020510_14393362.jpg

結論から言うとめちゃくちゃカッコ良かった。
苗場到着が予定より遅れたので、途中からの4〜5曲しか観れなかったけど、
3ピースとは思えないほどすごいパワーだった。

Jamaica / Red Marquee
d0020510_14483126.jpg

Justiceの人がプロデュースとかで話題のJamaica。
始まる前からかなり入念に音合わせなどをしていたわりに、
ライブは特に何も感じられることなく…、まあ普通でした。
もっとおもしろいものを期待してたんだけどなあ。

Local Natives / White Stage
d0020510_14562624.jpg

ホワイトステージに移動すると、予想通りあまり人いないw
でもこのLocal Nativesが予想以上に良かった。
音源は事前にチェックしていて、いいな、と思う曲もあったり、ライブはどうなんだろう?と期待させる多幸感のある音。
出て来た5人見て勝手にイケメンと思ってただけに若干肩すかし。(何を期待しているのか…)
しかしー、いざ音を出してみると、すごく骨太でリズミカルでいい!何がいいってってドラムのドンドコ感がいいね。
「歌」もしっかりしてて一緒に歌ったらさぞや楽しいだろうと思った。あっぱれ。

The Entrance Band / Field Of Heaven
d0020510_1555620.jpg

いつの間にやらバンド名義になってたEntrance、ぶりぶりのサイケデリックでした。
女子ベースのパズちゃんは、メイナード率いるa perfect circle→ビリーコーガンのZwanを渡り歩いた強者、ベースの腕はもちろん、ミニスカパンチラのお色気で男子達を最前に誘い出す。
紅一点ってこうでなきゃなあ。(遠い目)
FOHに出るだけあり、ガイさんのねちっこいギターソロやジャムっぽい演奏も緊張感がありつつ伸び伸びしててカッコ良かった。

Broken Bells観にレッドへ山下りしようと思ったけど、どう見積もってもDirty Projectors@Orangeに間に合いそうにないのでだんねーん。テイラー観る。

Taylor Hawkins & The Coattail Riders / Field Of Heaven
d0020510_1514451.jpg

ご存知Foo Fightersのドラマーのテイラーのソロプロジェクト。
テイラーがドラムたたきながら歌うのだけど、曲のパンチ力がいまいち弱い。
バックのメンバーも友達というよりか、プロのミュージシャン雇っちゃったみたいな残念ムードが…。(詳細は知らんけど)
私は途中で抜けたんだけど、友情出演でデイヴ(!)が出て来たときは空前の盛り上がりだったそうな。そりゃ仕方あるまい。

d0020510_1523045.jpg

d0020510_15241969.jpg

by amomentlostingain | 2010-08-13 15:29 | FRF 10 report



エミです      
by amomentlostingain
ブログパーツ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧