人気ブログランキング |
Top
Fujirock Festival 7.25後半
プレジデンツ観てるときはすごく暑かったのに雲行きが怪しくなってきている。
曇ってるとすずしいから過ごしやすくていいんだけど。
残念なジェイミーを最後まで観てしまったので、SPOONは途中からになってしまった。

SPOON / Red Marquee
レッドに着くとそれなりに人が集まって来ている。
人が詰まっていて前に行けず、後ろの方から観ていたんだけど、ううう〜前に行きたい。
盛り上げるんじゃなくて聴かせる音だから後ろでも良いかなーって思ってたんだけど、何やってるかあんまり見えないからにゃ〜。
ホワイトステージでも良かった気がする。もったいない。
d0020510_237427.jpg


レッドマーキーを出ると、ちょうど雨がぱらぱらと降り出してきた、ちょうど基地を経由するところだったのでレインジャケットを取りに行けた。
そんなに強い雨ではなかったので上だけで充分そう。

JASON FALKNER / Field Of Heaven
雨です。
でも王子、王子、王子!
ジェイソンがここにいるのはやっぱりくるりの口利きなのだろうか…。とか余計なことは考えずにジェイソンフォークナー王子です!
昨年観た単独も素晴らしかったけど、まさかこんなに早く再会できるなんてね。
でも人少ない。一部のギタポマニアにしか知られてない気がする。
くーーー。なんか悔しいね。
ジェイソン、ステージに登場するやいなや投げキッス3発、極上スマイル。
とても40には見えません!
私の前にいた女の人は腰が砕けていた。
たとえばクリスピアンなどは自覚があるのに対し、彼はまったく無自覚だから。すてきジェイソン。
前半はアッパーなパワポで掴んで、中半ジェイソンの真骨頂美メロバラード攻め。
Nobody Knowsはうれしかった涙。泣いた。(フジ08初泣き)
セットは単独のときにやったのと大体同じだったけど、フィールドオブヘブンで観る特別感は何にも代え難い。
単独のときはジェリーフィッシュをやったんだけど、今回はTV EYESの曲を!
残念ながらロジャーの登場はなかったけど楽しかった〜。
ライヴも大詰め、ここで「僕の友達を紹介します。」とジェイソン。
出た、くるり。
She Goes To Bedでは岸田くんが熱いソロを披露してた。
最後はMiss Understandingで締め。
ジェイソンはいつもそうだけどニコニコして本当楽しそうだった。
雨もいつの間にか上がっていた。
また来てね。
d0020510_23361476.jpg
d0020510_23362284.jpg


OZOMATLI / Orange Court
フジ常連オゾマトリのライヴにはずれなし。
オレンジコートには踊りたい人たちでいっぱい。
ラテン、ロック、ヒップポップのオリジナルブレンドにメンバーも多国籍。
もろフジ的。
楽しいだけでなくメッセージ性もあるんだけど、おしつけがましくないし、パーティーバンドとしては最高。
MCで次郎さん(日本の誇り)が「オゾマトリは戦争反対です!」と言うと無数のピースサインが掲げられる絵など、フジだな〜。涙。
最後はお約束の、メンバー全員楽器を持って下に降りて来てパレード、
もちろん日本限定のあれやりました。
オゾマトリ「カーラースー、ナゼナクノ〜」
お客さん「からすの勝手でしょーーー!」
わはは、たのしかった。
d0020510_23532085.jpg


そのままホワイトに降りてGALACTICを観ようと思ってたんだけどなぜか急に体調が悪くなって来て、チャリ2ナの声をひと聴きしてから基地に帰ることにした。
うーん、観たかった。
基地につくとちょうどグリーンではKASABISANのライヴ中。
それを聴きながら眠りの世界へ…。
気がつくとFEEDER始まっちゃってるし。泣。
トイレ付近でかろうじて2曲聴けた。くそー!寝たおかげで体調は回復したけどFEEDERがああ。

MY BLOODY VALENTINE / GREEN STAGE
本日メインイベント。
やっとのことでKAIさんに会えてぎりぎりマイブラ間に合いました。
ていうか定時に出てくるなんて、ちょい押しとかしてくれた方がありがたみも増すのにな。
マイブラ、良かったっす。
なんかすごかったす。
音でかかったっす。
フロントの二人はほとんど動きなしでまさにシューゲイザー。
アルバム聴いてる分には気づいてなかったんだけど、このバンドってこんなにドラム激しかったんか!めっちゃ手数多いし。タムもいっぱい。なんか意外。
だってみんなギター聴いちゃうもんねマイブラだけに。
そんなにファンではないのでこの曲がーー!とかいうのはないんだけど、でも良かったよ。
最後の方でやった曲で、途中からノイズの嵐に突入するんだけど、そのノイズが延々、延々続く訳で、これどうやって終わるんだろうって考えつつ、まだノイズは続く。
やってる方も疲れると思うけど聴いてる方もかなりきついっす。
でもノイズは続く、直立不動のままで。
それが10分以上続いたところで4人とも完璧なタイミングで曲に戻るという離れ業。
すげー。
前列は全員泣いていたでしょう。
いやーおもしろかった。
d0020510_0195331.jpg


基地に戻るとJUN君とY太さんが合流してた、わーい一年ぶり〜。
そしてY太さんは完璧なプロの手つきでレジャーシートをたたんでみせた。
私はYukiちゃんのキントウンで湯沢までひとっ飛び。

つづく。
by amomentlostingain | 2008-08-02 00:27 | FRF 08 report
<< なんなんだもう。 Fujirock Festiv... >>



エミです      
by amomentlostingain
ブログパーツ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧