人気ブログランキング |
Top
Fuji Rock Festival / 7.29 sat 前半
まだ終わってなかったんかい!
あと少しで完結させますからもうしばらくお付き合い下さい…。
いやー、さすがに記憶がないねー。想像で書くか!(嘘)

いつものように早起きし苗場入り。そしていつものように虫の恐怖に耐えながら寝る。

Deerhoof / White Stage

まず向かったのはホワイト。朝一なのでまだお客さんもまばら。
メンバーが登場して、まずサトミちゃんの年齢不詳ぶりにびっくり。ちびまる子ちゃん風のおかっぱにレトロなワンピースがすごくキュート。
喋りたがりのドラム君との身長差は30cm以上あるはずで、二人が並ぶととても可笑しいことになってる。
ギター君は寡黙そうな人。
USインディの至宝っちゅうあいまい極まりない情報しか持ってなかったし、試聴とかしてもよくわからないDerhoofでしたが、ライヴはかなり壮絶なものだった。
3人とも楽器がめちゃくちゃうまくて、曲調も激しく転調したりプログレか!?と思わせるような展開の曲もあるのに、3人のキャラのおとぼけ加減と、サトミちゃんの声や存在が絶妙にブレンドされてて不思議にまとまってるのよ、すんごい見応えがあった
d0020510_1103465.jpg

The Pigeon Detectives / Red Marquee

ベタなUK新人を一つ観たかったのでThe Pigeon Detectivesを観ることにする。
一応アルバムなども聴いてみたりした。アルバムの感想はめっちゃポップなガレージ。
Deerhoofがすごかったし、こっちはほんとにド新人なので演奏はまあ仕方ないという感じ。
でも盛り上がり必至のナンバーでレッドマーキーはなかなか盛況だった。
d0020510_1112765.jpg

基地に戻るとY太さんとJ君が到着してるけどユキちゃんの姿がない?寝坊か?と思いきや苗場についてリストバンドを宿に忘れて来たことに気付き湯沢に引き返したんだそう。ははは、さすがユキちゃん。

MIKA / Green Stage

ジョンさんと待ち合わせ。わかりやすい格好で登場してくれたのですぐにわかった笑。
ここで雨がポツポツと降り出したので急いで基地にジャケットを取りに戻る。このあとけっっこうな勢いで降ったのでこの時取りに戻ってよかった。
まだ空いてたのでちょい前まで行ってみる。
MIKAはフジ直前に友達から借りて聴いたら天然ポップぶりが気持ちよかった。このとき聴いてなかったら多分違うステージに行ってたと思う。
まずバンドのメンバーが登場し、そのあとMIKAが元気よく走ってステージに。スクリーンにアップになったMIKAは、…顔まで若かりし日のフレディにそっくり!
バンドメンバーも白人のギタリスト、アジア系のベーシスト(イハというよりタカさんの雰囲気)、黒人の女の子ドラムという人種性別紺種バンドで、その辺の見た目からポップなのである。
当のMIKAはステージを駆け回り、ダンスし、せわしなく動き回って、それでも歌がめちゃめちゃ上手い。
アルバムのハイライト、Love Todayで缶のゴミ箱をパーカッション代わりにボコスカ叩いたりもしてた。
ラストのLollipopではカラフルな風船が客席に投げ込まれ、シャボン玉が空を飛び、でっかいキャンディーを手にしたロリギャルがステージに現れ、クマ、ウサギ、イヌなどの着ぐるみ達も登場するという、やりすぎ演出なのにMIKAだからそれがばっちりハマっているという締めで、観終わったらすごく幸せ気分になってた。
d0020510_113769.jpg
d0020510_1131956.jpg


後半へ続く。…まだ。
by amomentlostingain | 2007-08-18 01:18 | FRF 07 report
<< 売れてるジャーン Summer Sonic Os... >>



エミです      
by amomentlostingain
ブログパーツ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧