人気ブログランキング |
Top
やっぱりFuneralが好き
4.11 Funeral For A Friend / Osaka Big Cat

ふっふっふっふっふ。
行って来たよ。
昨年の11月にTAste Of Chaosで来た時は持ち時間短いし、「Hours」の曲あんまりやらなかったし、Story Of The Yearに全部持ってかれるし、不完全燃焼(私が)だったのがすごく残念だったので、この日はほんとに楽しみにしてたのん。
最近暴走気味、当然最前行くぜ!のノリで整理番号5、6番の私たちは番号順の通り悠々会場入り。
まだ最前列に人が数人しかいないのを確認し、余裕ブッこいてロッカーに荷物を入れいざ中へ入ると、あらーん。最前埋まってる。
はあ、なにをやってるのだ、わてらは。しょぼーーーん。
いろいろ理由があって結局ギャレス&ダレン・サイドの2列目に落ち着きビールで一息。
前座のファイトスター(元バステッドですって)が終わって客電が落ち、ちょっと大げさなレクイエムみたいな変な曲に合わせてメンバー登場。ちょっとださい登場の仕方だけど。
ステージが明るくなり1曲目がた、た、確か"This Year's Most Open Heartbreak"。どっちにせよ意外な曲から始まったのには間違いない。
マット、出で立ちが普通すぎ〜、きれいに刈られたスポーツ坊ちゃん刈りにグレーのTシャツ、色落ちしたのではなく、元々色落ち加工だな、みたいな薄色ジーンス、どこのブランドか結局謎が解けなかった黒スニーカー。その辺歩いてても絶対気付かないよ。
ギャレスもおかしなポロシャツ着てるしクリスはガンダムT。
どこまでも見た目にこだわらないステキな人たち。
そんなモッさいとこが大好きなんだけどね。
2曲目、"Roses For The Dead"、いきなり好きな曲でうれしくて大いに歌う。
続きまして早くも"Junearu"!その辺の若造もギャルもみんなで歌う。
Funeralは一緒に歌ってなんぼなのだ。あれだけメロディが美しいんだもん、歌わなきゃもったいない。
あんなにステキなヴォーカルライン書いてマットは天才だね、歌うまいし、ええ声やし、へたしたらむさ苦しくなりかねない曲に運命ののマッチング。書いてて意味分からんようになってきた。
Funeralは曲がほんとに凄いのよ、転調して全然違うとこ行ったり、またそれがたまらない。
話はそれたけど、今回は「Hours」と「Casually〜」と半々ぐらいの選曲だった。
マットは今日覚えたのか、「クリスサン、オイシイネ〜」「ギャレスサン、オイシイネ〜」ってうれしそうに言ってた、かわい。
やっぱりこの手のバンドの人たちはあっちこっち動いたりお客さんを煽ったりと、コミュニケートしてくれるのね。そいえばクリスほとんどこっちに来なかったけど。
マットはいつものようにモニターに座るっていうかしなだれかかって、顔を真っ赤にしながら歌う姿ががまたいい。
あんだけ熱唱したら喉も痛めるだろう、蜂蜜の原液をグビグビ飲んでいた。
"Recovery"の「promise me」の囁きで前列女子を悩殺、そして「僕に、約束して」というような仕草をする。あたしも殺されかけた、アハーン。だって目の前でやられたら…。
おそらくレコード会社の担当さんなんだろう、ヨシさんというスタッフをステージに呼んで、「彼にはベビーが産まれるんだ、彼のニューライフに」と言って5人からプレゼントを手渡す場面も。やるなあ。「これはニューライフの曲」といって始めた"History"、一つ一つの言葉を、本当に大事そうに歌ってた、むむー、はめられてるかもしれんが感動。
ん?マットしか見てない?
そんなことないよちゃんとギャレスも見てたよ。
マットとギャレスのみ。こらー。
最後に"Escape Artists Never Die"をやって、転調するときちょっとダレンがずれかけたけど、マットがフンフンって頭でリズムとって、それにダレンが合わせて大丈夫だった。
これが本当に最後の曲で、アンコールはなかったけど、別に不満はない。
良かったなあ、バンドの生真面目なとことか伝わってきた。

歌いすぎと、飲み過ぎのため、今日は喉が変です。
by amomentlostingain | 2006-04-13 01:54 | live
<< あやうく… 日割りが出たね >>



エミです      
by amomentlostingain
ブログパーツ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧